光豊胸ってなに?

17.03.14 / 手術 / Author: / コメントは受け付けていません。
Tags: ,

豊胸手術の方法の一つに光豊胸という方法があります。

これはいったいどういう施術方法なんでしょうか?

・光豊胸とは
・注意点

光豊胸とはバストに対して、近赤外線という無色の光を当てると、バスト内の脂肪細胞が大きくなりバストアップさせる方法です。

ただ単にバストアップするだけでなく、バストを支える筋肉に当てることで筋肉を強化し、老化特有のたるみを改善します。

また女性ホルモンを活発にする効果があり、乳腺の働きを良くします。

 
光豊胸の特徴
 

一番の特徴は注射やメスを使わないことです。

技量がない医師がメスを使うと跡が残るリスクがありますが、光豊胸はそれがありません。

次に注意点ですが、上記の説明だけ聞いていると理想の施術法と思うでしょうが、光豊胸は1回で効果が出ません。

数回施術して効果が現れるので、その度に費用がかかります。

また施術をやめると元のサイズに戻ってしまうこともあるので、大きさを保つために適度に施術を受けなければなりません。

コンデンスリッチ豊胸ってなに?

17.03.14 / 手術 / Author: / コメントは受け付けていません。
Tags: ,

豊胸手術の方法の一つにコンデンスリッチ豊胸という方法があります。

これはいったいどういう手術方法でしょうか?

・コンデンスリッチ豊胸とは
・注意点

コンデンスリッチ豊胸とは最初に自身の体内の脂肪を吸引します。

その後、その脂肪から老化して活動していない細胞を排除し、それを胸部に注入する方法です。

不純物を取り除いた脂肪をコンデンスリッチファットと呼ぶため、この名前になったんですね。

今までの豊胸手術は異物を胸内に入れていたことから、事故などのリスクがありました。

 
リスクはあります

 

しかし、自分の体内のものを注入するわけですから、そのリスクは軽減されます。

また施術時間も少ないことも魅力の一つです。

次に注意点ですが、一度、体内から脂肪を吸収することから脂肪吸引と豊胸手術と2つの施術費用がかかります。

また、脂肪があることが前提ですので、脂肪の少ない女性は受けられない可能性があります。

特にバストで悩んでいる女性は痩せている人が多いので、興味がある方は病院に確認しましょう。

病院を選ぶポイントは?

31.01.14 / 病院 / Author: / コメントは受け付けていません。
Tags: ,

美しくなるために豊胸手術を考えています。

しかし、医療事故などのニュースを見ると自分の体が元に戻らないことを心配します。

安心できる病院でお願いしたいのですが、どのように病院を選べばよいのでしょうか?

・口コミ
・直接話を聞きに行く

最初は口コミですが、各病院やクリニックの宣伝やパンフレットは絶対に良いことしか書いてありません。

ですので、ネットなどの口コミ情報を見るのも手段の一つです。

対応や価格、医師の技量など様々書かれていますので、参考にしましょう。

次に「直接話を聞きに行く」ですが、パンフレットやネットの情報だけで判断するのではなく、実際に病院に相談に行きましょう。

 
複数の病院を回ること
 

そして実際に話を聞くことが大事です。

自分の身を預けるのであれば、そのくらい慎重になっても良いです。

また、病院やクリニックに話を聞きに行くのであれば、ひとつではなく複数行きましょう。

そして自分が納得した時に申込みましょう。

もし納得しなければ、保留にするのもいいと思います。

シリコンバッグって何?

14.10.13 / 手術 / Author: / コメントは受け付けていません。
Tags: ,

豊胸手術の方法の一つにシリコンバッグを胸内に挿入する方法があります。

術後は胸内にこのシリコンバッグが入っている状態になりますが、そもそもこのシリコンバッグってなんでしょうか?

・説明
・リスク

最初は説明ですが、シリコンバッグはバッグ挿入法という手術に用いられます。

その形はいろいろあり、お椀型をしているものもあれば釣鐘型もあります。

女性の胸の形は千差万別なので、それぞれに合った形はあります。

昔は生理食塩水を使われたものが主流でしたが、最近ではシリコン製のものが主流です。

次はリスクですが異物を体内に入れるということで、このシリコンバッグにはそれなりのリスクが伴います。

 
リスクやデメリット
 

まずは年数と共に劣化することが挙げられます。

体内に入っているものですから、簡単に交換というわけにはいきません。

最近のシリコンバッグは破裂しても大丈夫なように体に害のない物質で作られていますが、破裂後のバストは誰が見ても違和感を感じます。

一度でバストが大きくなる方法ですが、よく考えてから行ったほうが良いです。

豊胸手術ってばれる?

22.09.13 / リスク / Author: / コメントは受け付けていません。
Tags: ,

バストアップするために豊胸手術することはあります。

周囲の人から「スタイルがいい」、「美しい」と言われることはありがたいですが逆に「あの人、豊胸手術している」とばれることもあるんですね。

これから、ばれる状態について説明します。

・形
・感触
・検査

最初は形ですが、豊胸手術で特に人工バッグを挿入した場合は確実にバストアップし形が崩れません。

しかし、不自然に形を保っていることからうつ伏せになっても胸が変形しない場合があります。

また加齢によって体の他の部分が筋力低下している胸だけしっかりしていると、見た目に違和感があります。

 
ばれる可能性がある
 

こういう状態では、周囲からばれる可能性があります。

次に感触ですが、豊胸手術を行うと胸が変に固い場合があります。

自然なふくらみではないので、触ればわかってしまいますよね。

最後は検査ですが、レントゲンやCT検査を行うと中の人工バッグの存在がわかってしまいます。

人の目はだませても、さすがに医療を欺くことはできません。

カプセル拘縮ってなに?

22.09.13 / リスク / Author: / コメントは受け付けていません。
Tags: ,

豊胸手術後の症状でカプセル拘縮という症状があります。

これはいったいどういう症状なんでしょうか?

・説明
・対策
・手術方法

最初はカプセル拘縮について説明します。

豊胸手術によって人工バッグが胸内に入ります。

人工バッグは異物であり、それが体内に入ると人体の仕組みとして体を保護するために、その異物に膜をかけます。

本来は膜の中にすこし余裕があって人工バッグが存在する状態になりますが、たま膜が小さすぎて人工バッグを締め付ける場合があります。

そうすると固くなってしまい、バストも固くなってしまうことがカプセル拘縮と言います。

 
定期的にマッサージすること
 

次に対策ですが、手術後に定期的にマッサージすることが大事なんですね。

マッサージに手を抜いてしまうと、良い形のバストが出来ません。

最後に手術方法ですが、今までの豊胸手術は大胸筋の下に人工バッグを入れており、これがカプセル拘縮の原因になっていました。

しかし最近では乳腺と大胸筋の間に人工バッグを入れる手術方法が開発されカプセル拘縮起こりにくくなっています。

しかしこの方法は全ての病院が行っているわけではないので、豊胸手術を受ける場合は確認しましょう。

手術後に気をつけることは?

22.09.13 / 手術 / Author: / コメントは受け付けていません。
Tags: ,

バストアップのため豊胸手術を受ける女性はいます。

手術というのは施術されている時も大変ですが、実は手術後の過ごし方も大切なんですね。

いくら手術が成功したとしても、術後の過ごし方がおかしいと成果に影響します。

これから、手術後に気をつけることを説明します。

・痛み
・無理な運動をしない

最初は痛みですが、やはり手術というのは体にメスや注射を入れますし、他の物を体内に入れる為、多少の違和感や痛みがあります。

 
失敗の可能性が?
 

しばらくは安静にすることが大事であり、もし医師から言われた日数が経過しても痛みが続く場合はなんらかの失敗の可能性があるので、すぐ相談に行きましょう。

次に「無理な運動をしない」ですが、順調に痛みがなくなったとしてもまだ体内は落ち着いていない可能性があります。

ですので、無理な運動をすることは避けましょう。

期間としては約1カ月間が目安です。

1カ月経過して医師に診断してもらって、運動しても良いか判断をもらいましょう。

なぜ豊胸手術を受けるのか?

22.09.13 / 手術 / Author: / コメントは受け付けていません。
Tags: ,

いくら生活改善をおこなったり、筋力トレーニングをしたとしてもバストアップします。

でも豊胸手術を受ける女性もいます。

しかし豊胸手術はリスクや費用がかかります。

そこまでして、なぜ豊胸手術を受けるのでしょうか?

・成果
・年齢
・憧れ

最初は成果ですが、バストアップする方法として先述のように生活改善や筋力トレーニングでも成果が出ます。

しかし、豊胸手術ほど成果がしっかり出ません。

経済的に余裕があって、すぐにバストアップしたい女性は豊胸手術を行ったほうが良いでしょう。

次に年齢ですがある程度、年をとると筋力が低下します。

 
トレーニングが重要
 

いくら筋力トレーニングをしたとしても、バストが下がってしまいます。

またトレーニングをする体力もない場合もあります。

普段の生活ではどうしようもできなくても、バストアップしたい場合は豊胸手術を受けるんですね。

最後は憧れですが女性はつねに美しくありたいと考えると思います。

最新医療で美しさを保ちたい女性は豊胸手術を受けます。

痛みってあるの?

22.09.13 / リスク / Author: / コメントは受け付けていません。
Tags: ,

バストアップのために豊胸手術を考える女性は少なくありません。

しかし、手術というからには痛みが心配されます。

これから豊胸手術と痛みについて説明します。

・痛みはある
・脂肪注射
・精神的痛み

最初は「痛みはある」ですが、豊胸手術は特に人工バッグを挿入する手術の場合はメスで胸部を切るため痛みが必ず伴います。

手術中は麻酔が効いているので痛みはありませんが、麻酔が切れれば多少の痛みはあります。

また、手術後に人工バッグが縮まないようにマッサージをしますが、これにも痛みが伴います。

 
脂肪注射とは?
 

次に脂肪注射ですが、この方法は体の脂肪を胸内に注射して挿入する方法です。

胸内に挿入する前に他の部分から脂肪を吸い取らなければなりません。

この脂肪吸引後はその箇所に痛みを感じることがあります。

箇所によっては痛みだけでなく、腫れる場合もあります。

次に精神的痛みですが、手術は失敗する可能性があります。

もし胸部に傷跡が残ったり、バストの形が変形した場合は美しさを求めて豊胸手術したので結果、醜くなってしまったということで精神的ダメージがあります。

これらを考えて豊胸手術をするか決めましょう。

有名な病院ってどこ?

22.09.13 / 病院 / Author: / コメントは受け付けていません。
Tags: ,

豊胸手術はリスクがあるので、どうせ受けるのであれば有名な病院で受けたいですよね。

でも、いったいどこが有名なんでしょうか?

・真崎病院
・城本クリニック

最初は真崎病院について説明します。

この病院の院長でもある真崎信行先生は美容外科の院長として20年以上のキャリアを持ちます。

また芸能人や著名人の手術を引き受けていることも有名です。

この真崎病院の特徴として一人一人に対して時間をかけて治療を行っていきます。

外見ばかり美しくなっても意味がないという院長の考えから、カウンセリングやアフターケアまで力を入れています。

 
経験豊富な医師

次に城本クリニックですが、この病院の特徴として経験豊富な医師が多くいるということです。

患者は美しくなるために、いろんな要望を出してきますので、それに応えられる医師でなくてはならないという考えがあります。

そのほかに、患者の方々が気持ちよく帰ってもらえるように対応には力を入れています。

誠意を持っていて技量もある病院なら、自分を任せてもいいですよね。

後遺症や障害って残るの?

22.09.13 / リスク / Author: / コメントは受け付けていません。
Tags: ,

豊胸手術を受けるにあたって、リスクについて知らなければなりません。

手術には失敗の可能性があります。

場合によっては後遺症や障害が残ることがあります。

これから、説明します。

・術跡が残る
・痛み
・検査

最初は「術跡が残る」ですが、人工バッグを胸内に挿入手術をした際にミスがあると傷跡が残ってしまうんですね。

また体質にもよりますが、ケロイド体質の女性は傷跡が盛りあがってしまうこともあります。

傷跡はレーザーで消すことが出来ますが、当然費用は自己負担の場合もあります。

 
痛みはある?

次に痛みですが、シリコンなどを挿入して数年経過した後に劣化が起こり、痛みを引き起こすことがあります。

痛みや違和感があったらすぐに病院に相談に行きましょう。

最後は検査ですが、シリコンなどの人工バッグを胸内に挿入した後に健康診断でレントゲンを受けると、人工バッグによりレントゲンがよく写らないことがあります。

この場合はすぐにお人工バッグを取り出すことはできないので、超音波やエコー検査を受けるしかないですね。

豊胸手術の費用っていくらぐらい?

22.09.13 / 手術 / Author: / コメントは受け付けていません。
Tags: ,

バストアップの手段として豊胸手術を考える女性もいますよね。

手術を受けるにあたって、やはりいくらかかるか考えますよね。

これから、豊胸手術の費用について説明します。

・施術内容、病院によって異なる
・自己負担
・手術を繰り返す

最初は「施術内容、病院によって異なる」ですが、豊胸手術は注射などで簡単に済むものや人工バッグなどを挿入する大がかりな手術など種類が多くあり、それらは費用が異なります。

また、当然ながら受ける病院によっても医師の技量や使われる機械が異なるので費用が異なります。

脂肪注射は脂肪を吸引する費用と、注入する費用と2つあるため20万円~70万円と幅は広く、バッグ挿入手術は60万円以上かかります。

次に自己負担ですが、豊胸手術は保険が効かないので全額自己負担になります。

 
手術を繰り返す?

こうなるとバストアップしたいけど、財布との相談になりますよね。

サプリやエクササイズなどのほかの胸を大きくする方法にするかどうか。

最後は「手術を繰り返す」ですが、ヒアルロン酸や脂肪注入はいずれ体内に吸収されるので、また豊胸手術を受けなければなりません。

そのことも考えて、手術を受けるか考えなければいけませんよね。

デメリットってあるの?

22.09.13 / リスク / Author: / コメントは受け付けていません。
Tags: ,

豊胸手術はバストアップするには、時間をかけずにすぐ成果が出ます。

しかし、そこにはデメリットがあります。

これから豊胸手術のデメリットについて説明します。

・自己負担
・1回で終わらない
・失敗

最初は自己負担ですが、豊胸手術は医療行為ですが保険が効かないので全額自己負担になります。

値段については病院や手術内容によって異なりますが、一度に80万円以上かかる場合もありますので、経済的負担は大きいですよね。

次は「1回で終わらない」ですが、注射で脂肪やヒアルロン酸を注入する場合、バストアップしますが、それは一時的なんですね。

 
元に戻ることがある?

これらはいずれ体内に吸収されていくので、再びもとの胸の大きさに戻ってしまいます。

最後に失敗ですが、手術には必ずではありませんが失敗する可能性があります。

もし失敗した場合、胸の形がおかしくなったり、メスの跡がずっと残っていることになります。

美しさを求めて豊胸手術をするのに、傷跡はつけたくありませんよね。

豊胸手術の方法って?

22.09.13 / 手術 / Author: / コメントは受け付けていません。
Tags: ,

胸が大きくなる方法として豊胸手術を受けることも手段の一つですよね。

でも豊胸手術っていったいどういうことをするのでしょうか。

これから方法について説明します。

・ヒアルロン酸注入法
・脂肪注入法
・バッグ挿入法

最初はヒアルロン酸注入法ですが、これは胸部に注射でヒアルロン酸を注入しバストアップする方法です。

ヒアルロン酸はアレルギーが出にくい物質であり、またこの手術方法はすぐ行えるので、忙しい女性に向いています。

次は脂肪注入法について説明します。

 
拒否反応が出にくい方法

脂肪注入法は自分の体内にある余分な脂肪を胸部に注射しバストアップする方法です。

異物を入れると人によっては異物反応が起きてしまいますが、この方法は元は自分の体にあった脂肪ですので拒否反応が出ません。

余分な脂肪も減って、バストアップできるなんて一石二鳥ですよね。

最後はバッグ挿入法ですが、これはインプラントなどの人工のバッグを胸部に挿入しバストアップする方法です。

この方法は加齢より下がった胸部を確実にバストアップします。

相互リンク集

11.09.13 / 未分類 / Author: / コメントは受け付けていません。